So-net無料ブログ作成

2009年2月2日(月) インドへ ( ガヤ → ラージギル / インドの歴史 ) [アジア]

2552050
ガヤのAirportから15分位走った所で、水の無い大きな河にさしかかった。
ガンジス川の一支流である尼連禅河(ナイランジャナー河)である。
今は乾季のため、川幅400m以上もある大河も、砂漠のように干上がっている。

道路沿いや通り過ぎる村々では、得体の知れない人形を車やリクシャーの荷台にくくりつけて、村人らがにぎやかに騒いでいる。
どうやらヒンドゥー教の女神のお祭りらしいということだった。
2552061
初めて目にするインドの風景は、予想以上に時代がかっていた。
村も、道も、家も、人々の服装からも、長い奴隷時代の影を今なお残しているように思えた。
インドの歴史については出発前にある程度の知識は入れていったものの、今、現実に目にしている風景は、私の想像をはるかに超えていたことに、驚きと感動を隠せない。

インドの歴史は、紀元前3,500年頃にイランよりドラヴィダ人がインド北西部に移住してきたことでその歴史が始まったとされている。
紀元前2,600年頃には、世界四大文明の一つであるインダス文明が開化するも、紀元前1,800年には衰退してしまう。
その後、紀元前1,500年頃には、アーリア人の侵略によって先住民族は制圧され、これが今なお続くカースト制度の原型になったとされている。
紀元前1,000年には、部族王政であるマガダ国やコーサラ国といった十六大国が形成され、ガンジス河流域では争いが絶えなかったと伝えられる。
そのような頃に、シャカ族の王子としてお釈迦様はこの世に生を受けられたのである。
紀元前三世紀に登場したアシャカー王は、インド半島を統一支配し、お釈迦様の教え(仏教)に基づいた政治体制を完備し、秦やローマ帝国と並ぶ古代帝国が築き上げられた。
しかし、アシャカー王の滅後から600年もの間、再び混乱の時代を向かえ、4世紀になって権力を確立したグプタ朝によって、5世紀には北インドが統一された。
この頃、仏教教団も勢力を保ち、世界最古の大学であるナーランダ僧院が建てられた。
グプタ朝に変わって、7世紀初頭にはヴァルダナ朝が仏教とヒンドゥー教を保護するも、半世紀後にはヒンドゥー系の戦士集団によって、再び北インドは分裂し仏教の衰退もはじまる。
10世紀の後半にはイラン系やティクル系王朝の侵略によって、デリーを都としたイスラーム五王朝に300年もの間、奴隷支配されることとなった。
16世紀後半から、ティムール帝国に代わってムガル帝国が勢力を伸ばすも、18世紀には衰退してしまう。
そして17世紀、アジア海域世界への進出を推進したイギリスとオランダが、1623年に東南アジアで衝突してアンボイナ事件が起こり、イギリス東インド会社は東南アジア交易から駆逐されたかたちとなってインドへの進出を推し進めたことで、イギリスによるインドの支配が始まった。
18世紀後半、イギリス東インド会社主導の植民地化が進み、マイソール戦争・マラータ戦争・シク戦争などを経てインド支配を確立したイギリスは、地税制度を導入するなどしてインド民衆を困窮させていった。
イギリス支配によるインドの困窮化と経済的従属化に対しての不満が高まる中、1857年にはインド大反乱(セポイの反乱、シパーヒーの反乱、第一次インド独立戦争)に発展したことで、その翌年、イギリスはムガル皇帝を廃して、インドを直接統治下においてイギリス領インド帝国を成立させた。
しかし、民族資本家の形成に伴い反英機運が一層強まり、インド国民会議派は急進的な民族主義政党へ変貌していった。
1919年、マハトマ・ガンディーによってはじめられた非暴力・不服従の運動(サティヤーグラハ)の反英闘争をおこなった結果、1935年、イギリスは新インド統治法を発布し、各州の自治拡大を認めるまでに至った。
しかし第二次世界大戦の後、インド国内のヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の争いは激化し、イスラーム教国家のパキスタンとの分離独立(インド連邦)となったが、これに反対したガンディーは、1948年1月30日に、狂信的なヒンドゥー教徒により暗殺されたことで、インド・パキスタン双方に今なお深い傷を残したまま、分離独立の混乱は、現在でも両国関係の緊張に影響を与えている。

そんな歴史背景を読み返してみても、私の目の前に繰り広げられているインドの人々の生活は、文明大国であった数千年前の歴史よりも後退しているかのように見えた。

17:50 日暮れも間近に迫り、バスが停車した。
Guideのジャマールさんが、「王舎城の南門跡に着きました」と告げた。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 1

え? 必須

文章が難しいw
by え? 必須 (2014-01-23 19:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます