So-net無料ブログ作成

報恩講  ~初めての世話人~ [法座・座談]

今年、最初にして最後(?)の大役を、何とか無事に終えることが出来た。
それにしても、今年度はホントに数多くの報恩講さんとのご縁を結んでいただいた年だったなぁ~…
無自覚の喜びに溢れた高山報恩講に始まり、G先生とご一緒させていただき貴重の体験をさせていただいた西光寺さんでの報恩講、そして、はじめて参加した西本願寺本山での報恩講に、今回の初めて世話人として参加させていただいた報恩講さん。

一言で感想を述べるとすれば、 「もったいない…」  ただそれだけである…。

聞法を始めて一年が過ぎた昨年の8月、Knさんから、「今度の報恩講さんで、世話人をやってみない?」とのお話しをいただい時は、お酒の入った席だったし、ついついいつも軽~いノリで、「一年そこそこの私なんかに出来っこないじゃ~ん(^^)」って言いながらもヒョイッと引き受けてしまった。
10月になってあとの二人の世話人も決まり少しずつ実感がわいてくると、いったい世話人って何なんだ?と、具体的な疑問がわいてきた。 それと同時に、周囲からはあまり嬉しくない情報も入ってきた。

実際に世話人としてのお仕事をさせていただく前に、まずは三人しかいない世話人の足並みを揃えなくっちゃ!ってところから始まったわけだけど、これがなかなか難しく…(^.^ゞ 、OYさんからいろいろな悩みを打ち明けられて、ソレはソレで、コレはコレでしょと思いつつも…、 でも、所詮は他人を変えることなど無理なお話しで、それならば私に出来ることは遠慮なくさせていただいちゃおう!との決意と行動につながった。
最初のお仕事は、お世話係りの人員確保! こちらも、「僕がします」との言葉とは裏腹に一人も決まっていなかったので、私の方から率先して依頼さていただいたが、みんな みんな 快く承諾してくださって、まずはここで頭が下がった。

さて、次に世話人としてはどんなお仕事があるのか…
Knさんには、「進行表の通りにやればいいよ」と言われ、 MRさんには、「行事係りに相談するように」と言われ、 OYさんには、「僕は世話人の経験者だから大丈夫」って言われるけど、私自身、何をしたらいいのかサッパリ検討もつかない・・・
そんな時、Yuさんが‘おせっかいメモ’なるものを箇条書きにして送ってくださったことで、なんとなく方向が見えてきて、自分なりのマニュアルを作ってしまおう!と思い立った。
これをMRさんに相談して、AKちゃんやHMさんに助けていただきながらマニュアル作りを進めて行ったことで、自分なりに進行のイメージが出来てきて、また、何度も 何度も 校正を重ねるうちに、文字上ではあるけれど総括的な流れを把握することも出来てきた。

この年末・年始、お世話係りのマニュアル作りや、オリエンテーションのシナリオ作成、参加者名簿の作成などをさせていただいたおかげで、確かに大変ではあったけど、その勢いのままに報恩講さん本番へと突入することができた。
唯一心配だったのは、OYさんからのメールが大会以降プッツリと途絶えてしまい、何を伝えても一方通行のままその日を迎えることになったこと。 でも、当日の事前打ち合わせでは、二年生三人組による世話人のコミュニケーションもとれてきたように思う。

いよいよ報恩講の法要が始まった! と 思ったら、緊張のオリエンテーション! そして御法話の後のおやつタイム! そんで、座談の後には夜のオリエンテーションに、ディナータイムでしょ~!
容赦なくスケジュールが進行していく中で、全般を見ていて一番に思ったのは、「生活係りをはじめとする見えない所でお世話をしてくださる方々の苦労を横に置いて、前面で大きな顔をするな!」ということ。
今回、そのほとんどのメンバーがお世話係り未経験者であったにもかかわらず、大事無くスムーズに勤め上げることができたのは、やはり諸先輩方が造り上げてくださった歴史があったからこそだと思った。
私には、そのご苦労は見えないし、何もわからないけど、でも今回、世話人としてのお仕事をさせていただいて何よりも心に感じたのは、歴々と続く見に見えないご苦労が如何ほどのものであったか… ということ。
今にして思えば、これを教えていただくための、私のための報恩講さんであったと・・・・・。

そして、報恩講の最後に、『報恩講のうた』を歌わせていただいたが、 ホントに…、祖師聖人の御恩徳をはじめ、今、ここの私にまでつながった数々の御恩を、ほんの少しだけでも感じさせていただけたことに、涙なくして歌うことが出来なかった…。
泣きながら歌う私の横で、いつの間にかMO先生も泣き出されて、二人で鼻をじゅるじゅるとさせながら歌わせていただいた『報恩講のうた』が、今回の報恩講さんで一番印象に残った。

でも、一番嬉しかったのは…、 御法でも、御恩徳でもなくって… (*^^*)
G先生に、「いい子だな~、いい子だな~」って肩を抱かれて頭をグチャグチャにされたこと!  それが一等賞に嬉しかった[黒ハート]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

yanke

MO先生泣いてたね。なっちゃんも泣いてたね。あの人もこの人も泣いていた。実は僕も少々・・・
「報恩講の歌」、あの歌は反則です。歌唱指導のときは泣けないんだけど、最後に歌うと必ず泣けてしまう。
でも僕の涙じゃないんだろうな。阿弥陀さんが先に泣いてくれた。親鸞様がずっと寄り添っていて下さった。そのお心が、響かん私の心に、「何故か?」響かせて下さった!
「報恩講」っていいでしょ。
by yanke (2010-01-16 22:28) 

Fleur

yankeさん、今回の報恩講さんでは、いつも以上にお世話になり、ありがとうございましたm(__)m
今日は、親鸞聖人の御命日ですね~ 
ホントに、ホントに、何にもわからん、何にも響かん、自分の「後生」もカヤの外・・・
そんな私の胸にこみ上げてくるもの…、そんな私の目からこぼれ落ちるもの…、 あぁ…、私のものじゃないな~って思いました。
報恩講さん、本当に有り難かったです。  南無阿弥陀仏
by Fleur (2010-01-16 22:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます