So-net無料ブログ作成

「ザクロ(石榴)」 は 血の味 ? [随筆日記]

今日、病院の帰り道に、たまたま立ち寄ったお寺の境内でザクロの樹を見つけて、小さい頃、母の実家にあったザクロのことを思い出した。
大人たちは面倒くさがってあまり食べないので、私は遠慮することなくザクロの実をよく食べた。
種ばかりで食べられるところは少ないけれど、その水々しい独特の甘酸っぱさが好きで、私は、ザクロの実がパカッと割れて食べ頃になる日を楽しみに待ったものだった。

2978478ある日、おばあちゃんの家の庭先でザクロをほお張っていた時のこと、誰かは忘れたが、「ザクロは人間の血の味がするよ」 と言われたことがあった。

あれから数十年の月日を経て、仏跡を求めてインドを訪問する機会に恵まれた私は、これに関連して読んでいた本の中より、『訶梨帝母(かりていも)』の話を知り、「あぁ… そういえば、子供の頃、これを教えてくれた人がいたなぁ…」と不意に思い出した。

ザクロ(石榴)の原産地は、東イランから北インド・ヒマラヤ山地。
『訶梨帝母』のお話しは、お釈迦様がおみえになった2,500年前の北インドでの仏教説話である。

武将・般闍迦(はんじゃか・パンチーカ)の妻である訶梨帝母(かりていも・ハーリティー)は、五百人あるいは一万人ともいわれる子供を持ち、我が子を育てるために他人の子供を捕えては喰らう鬼母であったそうだ。
これに困り果てた村人たちがお釈迦様に相談したところ、お釈迦様は訶梨帝母が最も愛していた末子の愛奴児(あいぬる・ピンガーラ)を隠してしまわれた。
そしてお釈迦様は、最愛の末子を失って嘆き悲しむ訶梨帝母に、子供を失った母親の苦しみを諭し、訶梨帝母に吉祥果(ザクロ)の実を与えて、人肉を食べないようにと約束させて仏教に帰依させたそうだ。
以後、訶梨帝母は子供を守る神・鬼子母神(きしもじん)となった、という説話である。

このお話しを知ってか知らずか、「ザクロは人の血の味がする」と教えてくれた誰かさんの言葉を思い出しながら、今年は、久しぶりにザクロを食べようかな?と思った。
また、ザクロの実がパカッと割れて食べ頃になる日を楽しみに待つことにしよう。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 1

ai

wonderful
by ai (2013-01-30 15:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます