So-net無料ブログ作成

霜をば經とも 色はかはらじ [和歌]

先のBLOGの続きになりますが、佐布里公園の崖の中腹に、椿の花を見つけました。
崖をよじ登り写真を撮るのには少々苦労を要しましたが、手を負傷しながらも撮影してまいりました。

3.14 佐布里公園・椿.JPG

さて、引き続きまして 『新古今和歌集』からですが、椿の花を詠んだお歌は、『古今和歌集』(平安時代初期)から『新古今和歌集』(鎌倉時代初期)にかけて、たったの1首しかございませんでした。

       とやかへる たかの尾山の 玉椿   霜をば經とも 色はかはらじ

前中納言匡房さんの詠まれたお歌であります。
公釈的には、「とやかへる」というのは、「鳥屋返る」ということで、「鷹の尾山」にかかる枕詞になっているそうでして、つまり、鷹の尾山に咲く玉椿の花は、いくたびもの霜を受けつつも、色鮮やかに美しい、ということなのだそうですが・・・、 私釈的には府に落ちないのです・・・。

まず、「經(経)」というのを、どのように解したらよいのか・・・?
また、「鳥屋返る」という詞にも、深い想いを感じるのです・・・。

前権中納言匡房(大江匡房)さんというのは、平安時代後期の公卿で、儒学者であり、そして歌人でもあられます。 また新古今和歌集の選者でもあったのですが、その完成を待たずに70歳で亡くなられました。
曽祖父から続く学者の家系に生まれ育ち、大宰権帥を経て、大蔵卿に任ぜられるほどの碩学で、その学才は菅原道真と比較される程であったと伝えられています。
そのような方が詠まれたお歌を解することなど、無学無知の私には不可能でしょうが、歌は芸術、絵と同じ…。 私なりに感じたところを書いてみようと思います。

「たか(鷹)の尾山」とは、近江国にある山なのだそうですが、近江の山と言えば天台の宗総本山である比叡山があり、この山は「日本仏教の母」とも言われた仏教信仰の中心的なお山でございました。
そして、私が思いに、「鷹の山」と言うのは「鷲の山」のことであり(生物学上「鷹」と「鷲」は、明確に区別をされておらず)、比叡山を「鷲の山」として読んだ時、インドの霊鷲山のことが思い出されました。 
霊鷲山(耆闍崛山)というのは、お釈迦さまのお弟子さま方が御修行をなされたり、お釈迦さまがご説法をされた仏教の聖地であり、阿弥陀さまの御本願が説かれた『大無量寿経』が説かれたお山でもあります。

こう結び付くと、下の句の「經」が生きて来るのでございます。
このお歌は晩年に詠まれた歌と聞いております。
【私釈(お味わい)】
南無阿弥陀仏の御心が説かれたインドの霊鷲山も、この鷹の尾山のような山なのだろうか。
鷹の尾山には多くの玉椿の花が咲いているが、冬の霜を身に受けながらも色美しく咲き誇っているが、同様に、お釈迦さまの御教え(経)も、多々の争いを余所に色あせることはない。
でも、やがては落ちるであろうこの椿の花と同じく、もし私の命が尽きたならば、あの鷹の尾山、仏さまのおられるところへ帰りたいものだ・・・ 南無阿弥陀仏


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

常ならぬ世に よそへてぞ見る [和歌]

古い話ではございますが、三月も後半に入って木蓮の花が咲き始め、梅の花もそろそろ終わりを迎える頃、梅まつりの終わった佐布里公園の梅園へと再び行ってまいりました。
ちょうど月曜日ということもあって、市の施設なので駐車場も閉まっていていたのですが・・・_(^^;)ゞ、
ありがたいことに、どなたかが悪さをしてくださったようで・・・(^.^ゞ、駐車場入口のポールを一本下ろしてあったので、車一台分が通れるほどのスペースあり、それに便乗させていただいて…(((^^;)、そちらから侵入いたしまし、梅の花も終わりかけの少しもの寂しい園内を、のんびりとお散歩させていただくことができました。

3.14  佐布里公園の梅園.JPG

梅の花というのは、古来より日本人に愛され続きてきた花でございます。
『新古今和歌集』の中には、梅の花を詠んだお歌が32首ございますが、その中より一句。

      色香をば 思ひも入れず 梅の花   常ならぬ世に よそへてぞ見る

これは、花山院の詠まれたお歌にございます。
【私釈】 美しき色、かぐわしい香り、これらに思いを寄せることなく梅の花を見ようとしても、やがて散りゆくものだとの無常を余所において見ることなどできるものではない・・・。

花というのは不思議なもので、人の心を癒してくれます。
そして花は人に教えてくれます。 必ず、必ず、散り逝く運命なのだよと・・・。
私は、お花って仏さまだと思うのです。
この地球上には、たくさんの花が咲いています。 たくさんの仏さまが、心を和ませ、癒すために咲いてくださっています。 でも同時に、「死んで行く…、ということを外してはならないのだよ」 との厳しさも教えてくださっています。 その花ではなく、この私がです・・・・・。

園内に咲く梅の花の半分ほどが既に散り落ちて、風任せに流れ飛ばされ土に帰って行きます。
縁あれば、いつかはそこから新芽が芽生えるかもしれませんが、でも、一旦死した花は、決して生き返ることはありません。 それが生まれさせていただいものの定めなのです。

さあ・・・、私の番はいつかしら? 今も無常の嵐は吹いています。 その風にさらされながらも生き耐えてはいますけれど、ポロリ…と枝から散り落ちたその瞬間から・・・、 それが今生との縁が尽きる時にございます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

あの頃 (高村光太郎) [詩]

ただ何気なく、高村光太郎さんの詩集 『智恵子抄』を書棚から久しぶりに手にとりました。

光太郎さんは、明治から昭和にかけて活躍された画家・彫刻家であり詩人でもあります。
「こうたろう」と言う読み方はペンネーだそうで、本名は、「みつたろう」と読むのだそうです。
光太郎さんのお父様は有名な彫刻師・高村光雲さんで、上野公園の西郷隆盛像を作られた方です。

智恵子さんは福島の造り酒屋の長女として生れ、東京の大学を出られてからも東京に留まり油絵の勉強をされていました。 そして25歳の時に光太郎さんと知り合って28歳でご結婚。
しかし結婚生活は金銭的に苦しく、実家の破産と言うこともあって窮乏し、45歳の時に統合失調症を発病して翌年には自殺未遂・・・。 そして52歳の時、肺結核のため死去されました。

『智恵子抄』は、光太郎さんが智恵子さんへの30年間の想いを綴った詩集で、詩29篇、短歌6首、散文3篇が収録されています。

その中から一つ、私の一番好きな、『あの頃』 と言う詞を記しておきましょう。 (現代語訳済)

           あ の 頃

      人を信じることは人を救う。
      かなり不良性のあったわたくしを
      智恵子は頭から信じてかかった。
      いきなり内懐(うちふところ)に飛び込まれて
      わたくしは自分の不良性を失った。
      わたくし自身も知らない何ものかが
      こんな自分の中になることを知らされて
      わたくしはたじろいた。
      少しめんくらって立ちなおり、
      智恵子のまじめ純粋な
      息をもつかない肉薄に
      或日はっと気がついた。
      わたくしの眼から珍しい涙がながれ、
      わたくしはあらためて智恵子に向った。
      智恵子はにこやかにわたくしを迎へ、
      その清浄な甘い香りでわたくしを包んだ。
      わたくしはその甘美に酔って一切を忘れた。
      わたくしの猛獣性をさへ物ともしない
      この天の族なる一女性の不可思議力に
      無頼のわたくしは初めて自己の位置を知った。   (S24.10)

私はこの詩を読んでいて、とても広く大きな世界を感じました。 南無阿弥陀仏

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

吉野山 [和歌]

1594年の4月17日は、豊臣秀吉が、徳川家康、前田利家、伊達政宗ら武将をはじめとして、茶人や歌人ら総勢五千人を引き連れて吉野山へ入山し、吉水神社を本陣として盛大な桜見物催した日であると記録されております。 その花見の宴の絢爛豪華な様子は、吉水神社の「豊太閤吉野花見図屏風」に描かれているそうです。 (吉水神社公式HPより写真をお借りしました。)

吉水神社公式HPより『豊太閤吉野花見図屏風』.jpg

この時、主な武将らが詠んだお歌です。

   とし月を 心にかけし吉野山  花の盛りを 今日見つるかな  (豊臣秀吉)

   いつかはと 思ひ入りにし み吉野の  吉野の花を 今日こそは見れ  (豊臣秀次)

   君が代は 千年の春も 吉野山  花にちぎりの 限りあらじな  (徳川家康)

   千早振る 神の恵みに かなひてぞ  今日み吉野の 花を見るかな  (前田利家)

   君がため 吉野の山の まきの葉の  常磐に花も 色やそはまし  (伊達政宗)

私は吉野山がとても好きで、大学の頃より毎年一度は通うようにして行っておりました。
桜の花は大好きですが、吉野へ行くのは桜の季節に限定したことではありません。
ただ、懐かしく想う時にフッと行きたくなるのです。 そして引き込まれるようにお山の中へ入って行くのですが、何故かいつも事情というものが発生して、なかなか奥山まで分け入って行くことが出来ないのです。
でも今年も、この桜の季節が終わり、人気の少なくなった頃にまた行きたいと思います。

近年は、奈良までは時々行くのですが、吉野山にはなかなか寄ることが出来ませんでした。
でも、二年前には、散り桜の季節に行くことが出来、去年は新緑の頃に行くことが出来ました。
とても楽しかったです。 懐かしい想い出と言うより、つい先日のことのように想い出されます。

            故郷に 呼ばれ懐かし 吉野山  何を探して 我はさ迷う

2009.4  吉野・下千本.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ごあいさつ

前BLOGについて。
ご支持くださった方々にも、ご忠告くださった方々にも、お騒がせして申し訳ございませんでした。
誤解、ご迷惑をおかけた方々にはこの場を借りてお詫び申しいたします。
また、応援くださった方々には、そのお心を有り難く有り難く頂戴した上で、今後も前向きに頑張って行こうと思っておりすので、どうぞよろしくお願いいたします。

ただ、今後、こちらのBLOGについては詩や和歌などを中心に書いていくことにいたしました。
と言いましても、私の物ではなく、本などを読んでその時の私が感じたものを感じたままに・・・
私が私であるがままではなく、もともとあるものをあるがままに記録していこうと思っています。

その他、御法的なお味わいや日々の雑感、旅行記などにについては、もう少し気持ちの整理が付いてから別のサイトにて再会する予定です、今後ともよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

さびしいとき (金子 みすゞ) [詩]

金子みすゞ さんは、明治36年に下関にて出生。 20歳の頃から童謡を書き始め、23歳の時に結婚して一女をもうけるも、夫の浮気や病気を感染させられるなどの問題に加え、夫から作詩活動を制限されたり友人との手紙のやり取りを禁じられたりしたことに耐え切れず離婚を申し出ました。 その後、娘の親権問題に悩んだ挙句、26歳の若さで服毒自殺・・・。 なんとも悲しい生涯でした。
でも、彼女は生きることへの苦悩を我が身で知り、人は孤独であるということも知り、そして仏さまの存在を知っていました。
私は、なんとなく彼女の気持ちがわかるような気がします。
物書きをする者にとって、書くことを禁じられる辛さ、寄り処としたい友との交流を規制されることの苦しさ、病気と闘っていかねばならないという過酷さ、自分を愛してくれる人がいないという悲しさ、たった一人で死んで行くことへの恐ろしさ・・・・・  彼女はそれらを自身の内に秘めたまま詩を書き続けました。
でも、彼女の心にもいつも仏さまはついていてくださったのですね。


             さびしいとき

           私がさびしいときに、
           よその人は知らないの。
4.11 金子みすゞ..jpg
           私がさびしいときに、
           お友だちは笑うの。

           私がさびしいときに、
           お母さんはやさしいの。

           私がさびしいときに、  
           仏さまはさびしいの。             金子 みすゞ
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

花のたましい (金子 みすゞ) [詩]

4月11日は、童謡詩人である 金子みすゞ さんのお誕生日です。
十数年前に親友と二人で青春18きっぷを使って山口県の方までグル~ッと周遊してきた時に、初めて彼女のことを知り、初めて彼女の詩を読みました。
でもその時は、リズミカルなきれいな詩を詠む人だなぁ~ 程度にしか思いませんでしたが、数年前にテレビCMで放映されていた 「花のたましい」 という彼女の詩を耳にした時、それがなんだかすごく心地よくて、それから彼女の詩が好きになりました。


          花のたましい

       散ったお花のたましいは、
       み佛さまの花ぞのに、
       ひとつ残らずうまれるの。
DSC02164.JPG
       だって、お花はやさしくて、
       おてんとさまが呼ぶときに、
       ぱっとひらいて、ほほえんで、
       蝶々にあまい蜜をやり、
       人にゃ匂いをみなくれて、

       風がおいでとよぶときに、
       やはりすなおについてゆき、

       なきがらさえも、ままごとの
       御飯になってくれるから。             金子みすゞ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

SAKURA [随筆日記]

お出かけついでに通りがかりのまつりの会場に寄ってみました。
まだ、朝早かったので、お散歩をしている人としか出会いませんでしたが、公園内には、「オレ様の場所だ!」と言わんばかり、所々にブルーシートが敷かれてあり、昨夜の宴会の残骸が、ゴミ籠付近に山のように溢れかえっていて、せっかくの桜の名所も最悪の景観となっていました。
みんな、自分さえよければいいんですね。
みんな、誰かがやってくれるだろう…、なんですね。
なんだか、腹が立つよりも悲しくなってきました・・・・・。

しかし、桜はなんとまぁ早く散ってしまうのでしょうか。
先週は、まだほとんど咲いていなかったのに、ちょっとお家で縮こまっている間に、散り始めていて、これもまた悲しいことであります。

なんだか最近、何につけても悲しい気持ちが湧いてきます。
そうかと言って泣き暮らしているわけではありませんが、すぐに悲しくなっちゃうんです。

      知らぬ間に 時過ぎ去りし 桜花(さくらばな)  昔を問えば 虚しかりけり

4.10.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

決~めた!

とりあえずご報告! やっと、BLOGの分割化の方針が固まってまいりました。
ここ【namoamita】では、日常のアレコレを気がねなく書いたり、時には愚痴を吐き出したり、自由気ままに、今あるがままの私を書いて行こうかなって思います。 いわゆる日記というヤツですね (^o^)v

メインBLOGにしていた【蓮華の薫るこの庭で】の方には、当たり障りのない御法的なお味わいに絞って書いていくことにします。 その方のが人の嫉妬心をあおったりもしないでしょうし、他人様につける傷も軽傷ですむでしょうから・・・。

旅行記やその他諸々の交友・雑感などについては、一人でひっそりとやって行くことにいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

僕がそばにいるよ [歌詞]

昨夜、長い間かかった大きなお仕事が一つ終わりました。
そして今日、前々から検案だった面倒な仕事が一歩前進し、今は、期末テストが終わった時のようなホッとした楽な気持ちでいます。
あぁ~、やっと春が来たのかな? 春を楽しめる気持ちに、チョッとだけ近づいて来た感じです。

この冬は、私にとって寒く厳く辛い冬でありました。 去年と同じくらい・・・? いいえ、それ以上に・・・
今も寒さは残っていますが、たくさんの人のあたたかさに包まれながら、少しずつ春を迎えています。
ほら! 桜の花も咲き始めました。 まだ、チラホラとですが、確かに春は来ているのですね。

3.11 なばなの里・桜.JPG

桜を歌詞に用いた曲で、今、とても想い出深いのは、河口恭吾さんが作詞・作曲された『桜』です。

           僕がそばにいるよ 君を笑わせるから
           桜舞う季節かぞえ 君と歩いていこう

           僕がそばにいるよ 君を笑わせるから
           空のない街抜け出し 虹を探しに行こう
        
           いつもそばにいるよ 君を笑わせるから
           やわらかな風に吹かれ 
           君と歩いていこう 君と歩いていこう

           君がいる 君がいる いつもそばにいるよ

結局、ず~っとそばにもいてもらうだなんてことは出来ないし、いつも笑わせてもらえることなんて不可能な話なのですが、それでも、「いつも一緒にいよう、僕が君のそばにいるよ」、「君の笑顔が僕の幸せなんだ」、「僕がそばにいるから、二人で歩いて行こう」、なんて・・・・・・
そう言ってもらえた時は、たとえそれが儚い夢のようなものだと知りつつも、それでも嬉しかったです。
でも、夢は覚めちゃうんですよね・・・・・・
私はまだ夢の中に居たかったのに・・・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ただいま [随筆日記]

生きるって、難しいです。

人は、自分にとって大切な人であればあるほど、
自分の思い通りにしようとします。

人のBLOGなどを読んで、愚痴をボロボロと言ってくるのも、
その人を大切に思っているから・・・?
私は、そうは思いません・・・。 思えません・・・。

BLOGを読んだ感想をお聞かせいただけるのは、とても嬉しいことです。
それが、肯定であれ、否定であれ、また、時には厳しいご指導であっても、
それはそれなりに有り難いことであります。

だけど、BLOGにこう書いてあるから、君の思いはこうなんだと決めつけられ、
その意見を受け入れないから君はダメなんだと人格も否定され、
完全否定されるのが当然の君だとまで言われ・・・

でも・・・、それを、「ハイ」と受けられるほど、
私は強くはありません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます